石鎚森の学校活動報告/5月5日

石鎚森の学校活動報告/5月5日の画像
とき 2020年5月5日(火)

創作神話昔話「明ける。」~日と月とのものがたり~

オンライン収録&発信 

令和2年5月5日(火)14:00~14:45  

(場 所)阿部一成篠笛スタジオ/新居浜市、久壽奏恵バレエスタジオ/松山市、

     石鎚神社本社/西条市

(出  演)阿部一成/篠笛、能管、太鼓演奏、久壽奏恵/バレエ、曽我部英司/語り、祝詞

(制作スタッフ)阿部一成/脚本・構成・音楽、阿部龍太・鳥山美春/原案、岩本昌美・久壽浩子/舞台補助、小関由香/ヘアメイク、久壽奏恵/振付、竹中加代美/制作・美粧、塚本洋子/香り、鳥山美春/演出・衣装、林広/藍染め、星加治美/面

(協 力)石鎚神社、NPO法人石鎚森の学校

 この創作神話の舞台は、昨年から標記関係者の間で浮上し、5月5日の14時に先ず石鎚神社中宮成就社に奉納。その後、時期を見て一般の皆さまにご鑑賞頂く舞台を展開するという段取りで話を進めていました。ところが、年明けからコロナウイルス感染症の問題が発生。次第にその影響は深まり、面会しての奉納までのリハーサルや最終的に現地での奉納も不可能と判断。中止か延期の選択を余儀なくされました。

 ・・・結果、オンラインリモートアプリのZoomでリハーサルを重ね、フェイスブックで関係者に同時配信の後、編集した動画をオンラインで後日配信するということで、無病息災、世界平和を祈る舞台は、予定通りの日時に予期もしていなかったオンラインというかたちで催行されました。

 関係者は、それぞれに思うところがあり感動に涙するスタッフも・・・。曽我部事務局長も、リモートとはいえ、初めての舞台・・・何とかやり遂げホッとしていました。~いろいろな意味で人生何が起きるか分りませんね。先ずは、人は人らしく明るく歩いて参りましょう(^_-)

 

 

                       

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ