NPO法人石鎚森の学校活動報告/石鎚山系生物多様性保全シンポジウム/2月11日

NPO法人石鎚森の学校活動報告/石鎚山系生物多様性保全シンポジウム/2月11日の画像
とき 2019年2月11日(月) ~ 2019年2月11日(月)

石鎚山系生物多様性保全シンポジウム 

平成31211日(月・祝) 午後1時~午後430
(場 所)西条市総合文化会館小ホール及び展示室
(主 催)愛媛県生物多様性保全推進協議会/事務局・愛媛県自然保護課
(小ホール内容)①開会→②基調講演「ニホンジカの生態と生態系へのインパクト」、東京農工大学大学院農学研究院教授・兵庫県森林動物研究センター所長・梶光一氏③基調講演「石鎚山系におけるシカの歴史と現状について」、NPO法人西条自然学校理事長・山本貴仁氏→④パネルディスカッション「石鎚山系における希少野生植物の保全推進について」・パネリスト/松井宏光愛媛植物研究会会長、山本貴仁NPO法人西条自然学校理事長、伊藤利忠新居浜山林事業所職員(住友林業㈱)、石川愼吾高知大学名誉教授(山嶺の森をまもるみんなの会)、山中美幸愛媛県自然保護課長、アドバイザー/梶光一兵庫県森林動物研究センター所長、コーティネーター/渡邉敬逸愛媛大学社会共創学部准教授、司会/寺尾英子南海放送アナウンサー

(展示室内容)当該協議会各団体によるパネル展示、料理研究家の中村和憲氏によるジビエ試食コーナー・石鎚黒茶のお接待 、コケリウムづくり体験コーナー

(特別協力)石鎚神社氏子立螺の会・岩本廣志会長また会員の皆様により、シンポ開会の法螺吹鳴、また展示室で法螺貝吹鳴体験指導と山伏装束展示にご協力頂きました。



(参加者)曽我部英司事務局長、岩本昌美、黒河由佳両事務局スタッフ、秋山一幸・藤原隆子両サポートスタッフ・髙橋鐵造サポートスタッフOB 
 ※髙橋鐵造サポートスタッフへ石鎚森の学校卒業資格修得認定証及び生花贈呈/午前11時

     

  当証文面貴殿は 平成20年6月入学以来 石鎚山系はもちろん 四国 九州の里山 棚田 滝 海などを共に巡り 自然の素晴らしさを私達と共感してきました 四季を通した本学の石鎚山での授業に「てっちゃん」の愛称をもって来山者へ笑顔を提供 以て受講生の思い出づくりに貢献され 今春めでたく卒業資格を修得されました ここにその認定証を贈り 本学当該スタッフ一同感謝の心を捧げ 併せて卒業後のご健勝を祈ります 有り難うございました お元気で!】

 標記シンポジウムが開催され、石鎚森の学校もそのメンバーとして活動のパネル展示とその準備時間を利用して、サポートスタッフとして10年を越えてお世話になった髙橋鐵造さんへ、感謝と洒落の心を込めて第1号の卒業資格修得認定証と生花の贈呈をさせて頂きました。今後益々の ご健勝を祈ります(^_^)v スタッフ一同、また、時々にお会い出来ることを楽しみにしています。お疲れ様でした。そして、有り難うございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ